株式会社ジャストライト/浪岡 智がお送りする自動車整備について115/『日本農業新聞(2020年11月12日付け)』を読んで/弥生時代稲作は不耕起? 復元農具使い実証 通説覆る可能性も 山形大などの研究グループ

 今回の「農業新聞を読んで」の感想は、農具を使った歴史的実証の研究をしている研究グループのはなしについて、書いていこうと思います。
 私は畑を耕して、畝(うね)作りをすることは好きな農作業で、得意な方でもあります。
 記事によると、鍬(くわ)などの農具による歴史観の研究をしています。
 私の農工具の使い方は、まずスコップで土を掘り起こし、すく農具ですいていき、レーキで最終調整をして、畝作りを行っていきます。
 マルチを張る際、鍬で、あるテクニックを使って、上手にマルチを張っていきます。
 それに、畑を耕していく作業には、学問的に興味あります。
 机の上で勉強をするだけではなく、精神的に汗を流すことが頭にもいいですし、何よりも汗をかくことで、新陳代謝を促し、健康的にもいいと考えます。
 だから、農作業は基本的に好きな作業になります。
 しかしながら、毎日ガツガツやっていく仕事的な農業は、さすがに疲れます。筋肉痛の翌日の農作業の仕事はやはりこたえます。
 ですが、このブログにもよく書くのですが、農業は学問における精神性が、抜群に相性が合います。そのなかでも、農業新聞を読んだり投稿したりすることは、先の宮沢賢治の作品に見習い、勉強法としては重要です。
 今回は記事を読んで、「農具」について思うところを書いてみました。
 株式会社ジャストライトはレンタカー業務を行っております。
 それから、中古車売買・車の整備なども行っております。
 株式会社ジャストライトをこれからもよろしくお願いします!!

 株式会社ジャストライト/浪岡 智/整備ブログサイト/日本農業新聞 「農具の復元」

 株式会社ジャストライト
 代表・浪岡 智

 
 株式会社ジャストライト浪岡 智が参考にした記事はこちら

 株式会社ジャストライト情報はこちら

 株式会社ジャストライト・公式ホームページ:こちら
 株式会社ジャストライト・車のニュースブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・キャンピングカーブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・車のパーツブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・メインブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・レンタカーブログ:こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です