株式会社ジャストライト/浪岡 智がお送りする自動車整備について114/『日本農業新聞(2020年11月17日付け)』を読んで/ダイコン急落3割安 好天で潤沢も鍋物鈍い

 今年のダイコンの出来はいいようで、安値で取り引きのようです。
 毎日の気温があったかいので、おでんなどの鍋物の消費が高くないと書いていますが、ダイコンの収穫量は良好なようです。
 これから寒くなっていけば、ダイコンをおいしく食べられると思います。
 ここで、ダイコンの栽培について書いていこうと思います。
 ダイコンは畝の横一線に種をまいていって、ある程度育ってきたら間引きをしていきます。
 そして、比較的簡単にダイコンは育ってきます。
 時々、大きすぎる程育ったダイコンを見かけます。それくらい、成長しやすい野菜だと言えます。
 春ごろに収穫したとき、ちょうど梅雨の時季に入り、大量のダイコンを腐らせた苦い経験があります。だから、あっという間に一斉に収穫時期になるので、やはりまとめて収穫するのが得策かもしれません。
 今思うと少しずつ収穫していったのが、失敗の原因だったと思います。
 ですが、畝づくりのときに、ちゃんと肥料を入れていれば、収穫しやすく、自分で食べるのにもお腹が満足いく、優れた野菜だとも思います。
 なので、ダイコンは買うよりも、作った方がいい野菜だとも思います。
 新規農業者はダイコンを手始めに作ってみるのもいいかもしれません。
 今回は「ダイコン」について書いてみました。
 株式会社ジャストライトはレンタカー業務を行っております。
 それから、中古車売買・車の整備なども行っております。
 株式会社ジャストライトをこれからもよろしくお願いします!!

 株式会社ジャストライト/浪岡 智/整備ブログサイト/日本農業新聞 「ダイコン」

 株式会社ジャストライト
 代表・浪岡 智

 株式会社ジャストライト浪岡 智が参考にした記事はこちら

 株式会社ジャストライト情報はこちら

 株式会社ジャストライト・公式ホームページ:こちら
 株式会社ジャストライト・車のニュースブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・キャンピングカーブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・車のパーツブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・メインブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・レンタカーブログ:こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です