株式会社ジャストライト/浪岡 智がお送りする自動車整備について106/『ことわざ辞典(槌田満文監修・成美堂出版)』を読んで/⑰「早いが勝ち」

 『早いが勝ち』・・・とにかく早いのがよいということ。やり方や理由にかかわらず、人より早いことが優先されるということ。「早い者勝ち」ともいう。

 今日はのろい考え方を批判する『早いが勝ち』ということわざを考えていきたいと思います。
 特に勉強するときにおいて、早く勉強を済ませることはとても重要です。
 小学校の頃から宿題が出て、早く終わらせることは重要でした。
 早く終わらして、受験のためにもうひと勉強をすることをよく考えてました。
 早く終わったら、後がラクになり余った時間でもうひと勉強をする考え方です。
 のろい勉強の仕方を時々聞きますが、それは終わることのない下手な勉強の仕方です。
 もっと言えば、「じっくり」やっていく勉強の仕方がありますが、このやり方もズバリ好ましい勉強の仕方ではありません。
 じっくりの勉強の仕方は、他の方法であります。ここではそのことには触れません。
 受験勉強においても、資格試験の勉強においても、2度3度と繰り返す多浪の人がいますが、これものろい判断の仕方で精神上よくありません。
 とにかく、勉強をするとなったら命がけで取り組んで、一発で合格できるように全身全霊をかけて早く勉強をすることが大切です。
 失敗を何度も繰り返すのろい勉強の仕方は禁物です。
 株式会社ジャストライトの浪岡 智が、今回は『早いが勝ち』ということわざについて、ブログを書いてみました。
 
 株式会社ジャストライト/浪岡 智/整備ブログサイト/ことわざ『早いが勝ち』

 株式会社ジャストライト
 代表・浪岡 智

 
 株式会社ジャストライト情報はこちら

 株式会社ジャストライト・公式ホームページ:こちら
 株式会社ジャストライト・車のニュースブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・キャンピングカーブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・車のパーツブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・メインブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・レンタカーブログ:こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です