株式会社ジャストライト/浪岡 智がお送りする自動車整備について105/『ことわざ辞典(槌田満文監修・成美堂出版)』を読んで/⑯「学びて思わざれば則ち罔し」

 『学びて思わざれば則ち罔し』・・・学説を勉強することばかりに熱心で、自分で思索研究をしなければ、真理に到達することはできないということ。

 今回は勉強好きや本好きの人が陥る学問上の落とし穴について十分注意したいことを書きます。
 それは勉強が好きなのはいいけど本を読むばかりで、いっこうに文章を書かない人のことを言います。
 このことわざに似たような語で、「論語読みの論語知らず」ということわざもあります。以前もこのブログで紹介をしました。
 一日は24時間、しょせん勉強できる時間は決まっています。だから、本を読む読書時間はトータルであまり時間を費やさなく、文章を書く時間を重点的にみます。
 つまり、書く勉強をしないと本当の真髄には到達できないという意味になります。
 特に多読・乱読者には書く勉強時間が少ないと思います。
 それで、書く時間にウエイトを重くみて勉強をしていきたいものです。
 確かにメモをとる場合、時間がかかり過ぎて、本を読むスピードが劣るかもしれません。
 そこあたりは私は心得ているのですが、ここでは述べません。
 とにかく知識を得たいと本を読むだけの勉強は考え直さないといけません。
 論文をどんどん書いていくような勉強をしていきたいものです。
 どんどん書いていけば理解したり、真理に到達していくのです。
 それにより、文章を書きたい人は注意しましょう。
 株式会社ジャストライトの浪岡 智が、今回は『学びて思わざれば則ち罔し』ということわざについて、ブログを書いてみました。
 
 株式会社ジャストライト/浪岡 智/整備ブログサイト/ことわざ『学びて思わざれば則ち罔し』

 株式会社ジャストライト
 代表・浪岡 智

 
 株式会社ジャストライト情報はこちら

 株式会社ジャストライト・公式ホームページ:こちら
 株式会社ジャストライト・車のニュースブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・キャンピングカーブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・車のパーツブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・メインブログ:こちら
 株式会社ジャストライト・レンタカーブログ:こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です