株式会社ジャストライト/浪岡 智がお送りする自動車整備について⑨

 今回の整備のはなしは、みなさんが興味ある溶接のはなしを私、浪岡 智が書いてみたいと思います。
 溶接にはガス溶接、アーク溶接を基本とし、様々な種類の溶接があり産業を支えています。
 夏の暑い日も、溶接工の職人さんは長袖の作業着を着て、溶接の仕事を頑張らないといけません。なので、溶接工の方は大変です。
 けれども、その溶接興味がある人が多いと思います。
 溶接のコツは残念ながら私は習っていません。しかしながら、少しずつ小刻みに、溶接をしていくといいのかもしれません。
 例えば、髪の毛を切る床屋で、カットの技術で、小刻みに切っていく技能があります。
 この例に習って少しずつやっていくことが、きれいに溶接ができるコツかもしれません。
 つまり、「細心の注意」でやっていくのです。
 ちょうど女性が細かいことに気配りができるのと似ています。
 このことに気をつけたいものです。
 今回は溶接について、技能のはなしをまじえて浪岡 智がお送りしてきました。

 株式会社ジャストライト
 代表・浪岡智

 
 株式会社ジャストライト情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です