株式会社ジャストライト/福岡/車/ハイドロプレーニング現象

株式会社ジャストライトがお届けする情報、「ハイドロプレーニング現象」について

筆者の地元もついに梅雨時期にはいりました。梅雨時期のジメジメした気候が筆者は、嫌いです。そんな中でも、ドライブに行けば、リフレッシュになり、気分も晴れ晴れとしますよね。気分が落ち込みがちな時には、ぜひみなさんもドライブに出かける計画を立てて見てくださいね。こんかいは、雨が降ると危険な「ハイドロプレーニング現象」について書かせていただきます。

梅雨時期に気をつけたい!危険な「ハイドロプレーニング現象」

梅雨時期などに、雨が降っているなか、車を走らせていると稀に、車とタイヤの間に雨水が入り込み、雨水の上をタイヤが滑ってしまう現象がおきます。こうなると、車がスリップした状態になり、とても危険です。タイヤの溝には、水をはき出してくれるくれる効果があるというのをご存知でしたか?タイヤの溝にも様々な効果があるのですね。しかしながら、路面に溜まった水の量が多かったり、タイヤの摩擦で、溝がなくなってしまっていたりすると、水をうまくはき出すことができません。そのほかにも、タイヤの空気圧不足や、スピードの出し過ぎでも「ハイドロプレーニング現象」は、おきてしまうらしいので、これからの季節に、気をつけましょう。

「ハイドロプレーニング現象」詳しい情報はこちら

株式会社ジャストライト情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です