ジャストライト/福岡/車の整備・ブログ・点検

株式会社ジャストライトが勧める。車の簡単、点検をご紹介!

車は多くの部品から構成されいます。時間・月日・年月が経つにつれ車のパーツに、様々な磨耗・劣化が見られると思います。走行中に故障を起こすと大渋滞の原因になるばかりか、他人の命までも脅かす自己に発展する事にもなりかねません。そこで、車の故障を未然に防ぐ為に野も点検整備が必要になります。もちろん長く乗る為にも、重要だと言う事を、覚えていておいてください。メンテナンス次第で長く乗れる車になると思います。

☐その1:エンジンオイルの点検

∗エンジンオイルはエンジンの潤滑をする役割があります。もしエンジンオイルが入ってなかったらエンジンが潤滑不良を起こしエンジンが故障します。そのためエンジンオイルの点検は重要です。

∗オイルレベルゲージの点検方法

∗エンジンオイルは劣化していくと黒くなります。

☐その2:冷却水の点検

∗リザーバータンクのチェック

∗分からない場合はエジエーターキャップの下に太いホースと細いホースが繋がってるので、細い方を手繰っていけば有ると思います。

∗クーラント(ラジエーター液)・冷却水はエンジンを冷やす役割があります。なくなるとオーバーヒートの可能性があります。

☐その3:ベルト類の点検

∗車のベルトの役割はエンジンの動力を使って様々な物を動かしています。バッテリーの充電もここでされています。

∗キュルキュル音なども、ベルトの劣化などで引き起こります。もし一つでも切れてしまったら。止まってしまいます。

∗右が劣化したベルトです。

☐その4:バッテリーの点検

∗バッテリーは主にエンジンを始動する時に使用します。エンジンはバッテリーの電力をスターターに送りエンジンを回して始動します。そのため良く聞くバッテリー上がりは単純にバッテリーの電力がスターターを回す電力より低くなることで起きます。

∗こうのようなタイプならチェックしやすいでしょう。

☐その5:タイヤの点検

∗ミゾも、もちろんですが、ハンドルを切って内側のミゾなどをチェックしてみてください。片減りしてたりします。

∗片減り

∗パンク

∗パンクしてた場合はなるべく、スペアーに交換しましょう。走行してしまうと、パンク修理で済んだのが交換て事にもなりますので。

今回は車の簡単、点検方法をご紹介致しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です